コンテンツへスキップします。

COVID, 新しい: 感染者は入院している?

SARSCOV2感染は、完全に無症候性の被験者からARDSを有する被験者に至るまで、臨床症状の非常に広く、異なるスペクトルを有する (急性呼吸窮迫症候群) 集中的な治療を必要とし、予後が悪い.

臨床症状の重症度は主に対象の年齢に関連し、, 第 二, その招集を伴う.

ケースが増加しています. 入院が必要な症例の数?
簡単な質問が、その正確な答えは非常に困難です.

対応を試みるために、我々は新しいCOVID入院の毎日の数を宣言するヨーロッパ諸国の状況を見てみることができます.
イタリアは残念ながら入院患者の総数のみを宣言します.
新しい毎日の入場料の数は、:

 

まず第一に、我々はいくつかのコメントをする必要があります. 入院/症例比率を持ちたいが、
  • 流行期に応じて、症例は極めて異なる方法で数えられる (流行の初めに、入院する患者のほとんどが検査され、無症候性が現れなかった)
  • 入学はケースに比べて遅れて到着する.
差出人 25/3 宛先 2/9 フランスで入院した 108883 居心地の良い患者, の 16872 集中治療室で.
英国では、彼らは認められました 128899 患者, ベルギーで 16825 とデンマーク 2177.
重要な番号.
差出人 15/8 宛先 2/9: フランシア 3411 (の 557 集中治療室で), 英国 1819, ベルギー 398, デンマーク 69.
のデータを使用してグラフを見てみましょう 25/3 宛先 2/9: 連続青線は、新しい診断された症例の週平均移動を指す, 青い破線は、毎日の入学の移動平均を指します, 赤い線は週単位のケースに対する毎週の入場率です.
どのような考慮事項を行うことができますか:
  • 入学はリセットされたことがない, 5月と6月でさえも
  • フランスの曲線からは、約の遅延が表示されます 3 症例増加と入院の増加の間の数週間 (グラフを詳細に表示する, 左側にはケースの規模があります, 避難所の右側に).
  • 流行の初めに、ほとんど独占的に入院するものがバッファリングされた (3月と4月の入院/症例比率は、 60% フランスとイギリスで).
  • 入院/症例比率は流行に応じて大きく変化し、症例の著しい増加で減少する, 感染の毒性が低いことを示唆する可能性があるが、おそらく症例と入院の間の遅延によるもの.
  • フェーズを見て, 7 月, 症例は2週間以上安定している (緑のタイル) 入学の割合が、間の値に基づいていることがわかります 21% イギリスの, 15% フランスの, 10% ベルギーと 8% デンマークの. 7月には、 4 各国は、完全な効率で、病院をテストする良い能力を持っていた. 私には、合計で入院した症例の実際のシェアのアイデアを得るのに理想的な時期のように思えます.
  • これらのデータをすべてメリングすることによって 4 入院と症例の関係を深く, 7月の安定期, の 20%.
  • 私が評価した国の中で、フランスだけが新しい集中治療室の入院数を宣言する. 病棟入院に対する集中治療の受入の比率はかなり一定であり、周りに変動する 12% .
と’ 正確な推定値を持つことは困難ですが、それは非常に可能性が高いです 1000 今日のケースは 80-210 約の間の入院 3 週間 と 12% これらの入院のうち、集中治療での治療が必要になります.
これらの割合は、早ければ4月の初めに文学からSARSCOV2について知っていることからそれほど遠くない: https://www.facebook.com/francesco.pilolli.5/posts/2541650092761884