コンテンツへスキップします。

カリキュラム


学問と研究

7 月 2016: 耳鼻咽喉科に特化 l ’ 大学ヴィータ敬礼 – ミラノのサン ・ ラッファエレ, 投票で 70/70 賞賛, 題する論文で: 「副咽頭腫瘍手術: 内視鏡的嚢腫摘出 15 例と文献の批判的評価」, 報告者教授 M ブッシ.

2 月 2011: 資格を有する医師外科医として トリノ大学で; 定期的に医師のトリノからの順序で登録されて 21/02/2011. [確認 L ’ 登録 ’ 順序]

20160313_ 1522027 月 2010: 薬および外科の大学院研究科します。 トリノ大学で, 投票で 110/110 賞賛, 題する論文で: "多段内視鏡検査: 白い光内視鏡の連続使用, Stroboscopy, 自家蛍光特性と狭いバンドは、喉頭癌の早期診断におけるのイメージング」, 報告者教授. R. AAP, S で開発されました。. C. 耳鼻咽喉科, Dr. ジュース, トリノのマティーニ病院, 委員会は印刷の尊厳の価値があると判断しました。.

7 月 2004: 有機専門高校卒業 リセウ グレードのトリノで「カルロ ・ カッタネオ」での 100/100.

専門の履歴書

pilollifrancesco

3 月まで 2019 役割を果たします 指導医療官 1 ° レベル 耳鼻咽喉科で, Dr デビッドソン, l’病院 Ca’ ミラノ カ グランダ ミラノ.

10 月まで 2017 2 月 2019 彼は、耳鼻咽喉科でコンサルタントとして働いてください。, Dr デビッドソン, l’病院 Ca’ ミラノ カ グランダ ミラノ.

7 月から 2016 12 月 2018 アンブロ特別養護老人ホーム勤務, チェザーノ ・ ボスコーネ.

7 月から 2011 6 月 2016 として勤務、 耳鼻咽喉科の医者のインターン, 教授. ブッシ, で、ミラノのサン ・ ラッファエレ病院.

10 月 2010 2 月から 5 月まで 2010 彼は出席しました。, 訪問者としてボランティア, 耳鼻咽喉科学講座, 教授. ぴあ, 大学病院で ノヴァーラの「主要なチャリティー」.

9 月 2010 イタリア実習プロジェクトに参加, イタリアの医療学生主催, 耳鼻咽喉科学講座に参加, 教授. ニコライ, で、オスぺダーレ企業ブレシアの"Spedali Civili".

7 月から 2009 7 月 2010 彼は出席しました。, 訪問者ボランティア/インターンシップとして, S. C. 耳鼻咽喉科 – がんと内視鏡手術センター上部エアロ消化管, 「忠実な Bergadano」 – Dr. G. ジュース, で、トリノのマティーニ病院.

4 月から 2008 6 月 2009 彼は出席しました。, 内部生として, 1 度耳鼻咽喉科クリニック – 教授. C. ジョルダーノ, で、大学・ デッリ ・ ストゥディ ・ ディ ・ トリノ.

9 月まで 2005 12 月 2005 彼の研究所に出席しました。がん研究と治療-教授の研究所. P. Comoglio, カンディオーロ.

FormatFactory20151106_153500_HDR

外科的カリキュラム
7 月から 2011 共演しています。 300 主な外科医の手術として, 含む 19 tracheostomie, 92 adenoidectomie や tonsillectomies, 45 内視鏡鼻副鼻腔手術や settoturbinoplastica, U. または. ミラノのサン ・ ラッファエレ病院の耳鼻咽喉科の.
彼も参加している以上に 1300 これの 2 番目または 3 番目の演算子として介入よりも 200 癌の.

インデックス ジャーナル科学出版

Pilolli F, ヨルダン L, ガリで, ブッシ M. “副咽頭領域の腫瘍: 胸腔鏡補助低侵襲嚢腫摘出”. ACTA otorhinolaryngologica アワ. 2016

R. タダセ, M. 医学博士, C. B., または. 猫, F. 壁, S. カドル, F. メンター, L. OR. Redaelli ・ デ ・ Zinis, M. Benazzo, M. ブッシ “サンプルでめまいとめまいの有病率をポイントします。 2672 科目と頭痛との関係”. ACTA otorhinolaryngologica アワ. 2016;36:215-219.

ヨルダン L, Pilolli F, 当麻 S, ブッシ M.“甲状腺癌の副咽頭転移: 低侵襲胸腔を用いた 2 例の外科的管理”. ACTA otorhinolaryngologica アワ. 2015;35:289-292

Trimarchi M, Bozzolo E, Pilolli F, Bertazzoni G, Campochiaro C, Sabbadini MG, ブッシ M. “多発血管炎と肉芽腫症における鼻粘膜狭帯域画像 (ウェゲナー肉芽腫症): 予備的研究”. J Rhinol アレルギーします。. 2015 5 月 6 月;29(3):170-4.

・ クロセッティ E, F. メンター, G. ジュース. 「喉頭癌内視鏡ステージングの新戦略: 多段階の内視鏡」. Acta Otorhinolaryngol アイタル. 2012 6 月;32(3):175-81.

本の章

Trimarchi M, 当麻 S, Pilolli F, ブッシ M. “鼻の解剖学”. で: 手術脳神経脳神経外科解剖学 – Thieme 2016. [プレスで]

ブッシ M, Pilolli F, ハト. 「耳下腺の原始的な場所の外科治療」. で: Ansarin M エディター. Quaderni adenoico 嚢胞癌モノグラフ更新-ため抜地区, 2016. p. 145-158.

・ クロセッティ E, マリク D, Pilolli F, ジュース G. 「喉頭癌の仕事アップで多段階内視鏡」. で: ラヒ G エディター. 早春議会-喉頭癌のニュース, 2010. p. 169-186.

スピーカーとして議会通信.

20160527_ 143351ritPilolli F, ベアード M, ブッシ M. “いいコース: 副咽頭腫瘍 – 解剖学と臨床症状”. 103イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 27 5 月 2016.

Pilolli F, ジェンマ M, ・ ディ ・ サント ・ D, カルヴィ氏, ラヴィッツァ, ブラッティ L, ボンダイ S, ベレッタ L, ブッシ M. “婦人科試験における経鼻気管挿管の役割は予測することは困難です。”. 103イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 26 5 月 2016.

Pilolli F, 当麻 S, ベアード M, ・ ディ ・ サント ・ D, ブッシ M. “眼窩内膿瘍: 臨床ケース”. VI 年次会議グループ ・ ロンバルド耳鼻咽喉科, ミラノ, 15 3 月 2016.

IMG 20151003 WA0003Pilolli F. “眼窩内膿瘍合併急性副鼻腔炎”. 全国アカデミー AUORL, ボローニャ, 2-3 10 月 2015.

Pilolli F, 琴光 F, ベアード M, Teggi R, ブッシ M. “子供の頃学校教育者の音声障害”. 102イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28 5 月 2015.

Pilolli F, ヨルダン L, 当麻 S, ブッシ M, “副咽頭間隙に低侵襲の嚢腫摘出を胸腔: 経験 10 場合”. 102イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28 5 月 2015.

Pilolli F, Pablio F, 当麻 S, ジェンマ MF, ブッシ M. “Rhinoseptoplasty の計算シミュレーションの有用性に: 数学的なシミュレーションと臨床結果と患者の評価比較’ 満足度”. 102イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28 5 月 2015.

Pilolli F, Trimarchi M, Bozzolo E, Campochiaro C, ブッシ M. “狭いバンド イメージング Ruolo dell'endoscopia (NBI) ネッラ Granulomatosi コン Poliangite (Granulomatosi ・ ディ ・ ウェゲナー): スタジオ preliminare”. 102イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28 5 月 2015.

Pilolli F, Pablio F, 当麻 S, Trimarchi M, ジェンマ MF, ブッシ M. “鼻形成術のシミュレーションの予測性: 数学的なシミュレーションと臨床結果と患者の評価比較’ 満足度” 25回欧州鼻科学会総会, オランダ, アムステルダム, 22-26 6 月 2014.

Pilolli F, ヨルダン L, ブッシ M, “スパツィオ parafaringeo: 解剖学的研究と低侵襲嚢腫摘出胸腔”. IV 年次会議グループ ・ ロンバルド耳鼻咽喉科, パヴィア, 27-28 3 月 2014.

Pilolli F, ヨルダン L, ブッシ M. 「副咽頭間隙: 解剖学的研究と胸腔低侵襲嚢腫摘出」100 議会イタリア耳鼻咽喉科と頸椎顔面外科学会, ローマ, 30 5 月 2013.

ジョルダーノ, F. メンター, D. カナレス, M. ブッシ. 「副咽頭間隙腫瘍: 胸腔鏡補助低侵襲アプローチ併発ルートの。」100 議会イタリア耳鼻咽喉科と頸椎顔面外科学会, ローマ, 30 5 月 2013.

メンター, と. 繭, F. 光リラ, M. タン. 」と狭いバンド ヴェーゲナーの内視鏡をイメージング" 2nd ヨーロッパ アカデミー ORL HNS と CE ORL NHS の会議, フランシア, ニッツァ, 29 アプリーレ 2013.

ポスター congressuali.

メンター, L. ジョルダーノ, D. カナレス, M. ブッシ. 「副咽頭領域の腫瘍: ビデオは、低侵襲の嚢腫摘出を支援」. 2nd ORL HNS ヨーロッパ アカデミーと CE ORL NHS の会議, フランシア, ニッツァ, 27-30 アプリーレ 2013.

メンター, D. カナレス, M. ブッシ. 「Metastasi parafaringee ダ carcinomi tiroidei: こじんまりして家族的・ ディ ・ 2 casi clinici e revisione ・ デッラ ・ letteratura」. 3° 国会議事堂ナツィオナーレ Associazione イタリアーナ Oncologia 頸椎 Cefalica, ミラノ, 11-12 3 月 2013.

Partecipazione コル pratici.

「Otolive 手術可解性難聴, 手法の比較」, ミラノ, 31 3 月 2017.

「1 日」は、fessurgery ライブ」, ミラノ, 2 12 月 2016.

「国際鼻解剖コース」, ミラノ, 19-20 3 月 2016.

基本的な生活のサポート – 除細動, ミラノ, 10 3 月 2016.

“L ’ VADS の癌の治療で狭いバンド イメージを高精細内視鏡検査”, ブレシア, 25-27 3 月 2015.

「副鼻腔と頭蓋解剖基本コース」, ミラノ, 12-13 アプリーレ 2014.

「オープン水平喉頭がん手術」で, ミラノ, 13-14 3 月 2014.

「CO2 レーザーを用いた喉頭癌手術」, ミラノ, 12-13 3 月 2014.

「国際鼻解剖コース」, ミラノ, 11-12 3 月 2014.

「耳鼻科手術コース」, チニゼッロ ・ バルサモ (MI), 18-21 2 月 2014.

カンファレンスへの参加, カンファレンスとコース.

103イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 25-28 5 月 2016.

VI 年次会議グループ ・ ロンバルド耳鼻咽喉科, ミラノ, 15 3 月 2016.

全国アカデミー AUORL, ボローニャ, 2-3 10 月 2015.

102イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28 5 月 2015.

頭頸部がんの再発: 臨床的側面, 治療薬, 社会・倫理, ピネローロ (宛先), 8 11 月 2014.

25回欧州鼻科学会総会, オランダ, アムステルダム, 22-26 6 月 2014.

IV 年次会議グループ ・ ロンバルド耳鼻咽喉科, パヴィア, 27-28 3 月 2014.

100イタリア耳鼻咽喉科・頸椎顔面外科学会全国大会, ローマ, 28-31 5 月 2013.

2nd ORL HNS ヨーロッパ アカデミーと CE ORL NHS の会議, フランシア, ニッツァ, 27-30 アプリーレ 2013.

議会「神経耳科 2013 ミラノ」, ミラノ, 11-12 アプリーレ 2013.

「Laryngology 腫瘍の 1 ° マスター」コース, ヴィットリオ ・ ヴェネト, 25-28 3 月 2013.

3° 国会議事堂ナツィオナーレ Associazione イタリアーナ Oncologia 頸椎 Cefalica, ミラノ, 11-12 3 月 2013.

「アカデミー大学会耳鼻咽喉科-全国大会」, ローマ, 30 11 月、 1 12 月 2012.

いいコース「laringectomie 小計面で局所」, ミラノ, 8-9 11 月 2012.

「XVII 耳介ピエモン テーゼ グループ ワーク ショップ」, ノヴァーラ, 5 3 月 2011.

会議「内視鏡と頭頸部の画像診断」, ミラノ, 15-16 11 月 2010.

「評価と声と声帯の病理の治療」のトレーニング ・ イベント, ノヴァーラ, 4-5 11 月 2010.

会議「頭頸部癌の治療戦略の更新」, トリノ, 12 11 月 2009.

コース「がんため抜で Foscan 光線力学的療法」, トリノ, 15 9 月 2009.

「睡眠時無呼吸症候群 2009」の再教育コース, ノヴァーラ, 27 3 月 2009.

会議「難聴は社会的問題: それを修正する方法?”, トリノ, 20 3 月 2009.

ワーク ショップ「鼻形成術. 耳鼻科との比較で外科医」, トリノ, 12 12 月 2008.

科学的な社会

イタリア耳鼻咽喉科学会会員 (SIO)

言語スキル

ネイティブ スピーカー: イタリアーナ

他の言語: 英語レベル B2 (CEFR), 認定 最初の証明書の英語 (FCE), ケンブリッジ大学, B 級を達成, 3 月に 2004.

フランス語のレベル A1 (CEFR)

その他の知識

優秀なコンピューター スキル: Windows XP オペレーティング システム, Windows 7, Windows 10, Microsoft Office スイート (単語, Excel, PowerPoint, 出版社, アクセス), グラフィック アプリケーション (Adobe Photoshop), ビデオの編集 (ピナクル スタジオ, 熱心な液体, パワー ディレクター), データベースの管理 (MySQL, ファイルメーカー, アクセス), プログラミング言語 (PHP, Visual Basic).

ライセンスの取得 2003