コンテンツへスキップします。

COVID19

COVIDのホームセラピーに関するいくつかの反省

コヴィッドはバロダ病です. それはすべての反対のすべてを行い、私たちは完全に理由を理解し、そのコースを予測することはできません.

それは絶対に無症候性の形態から、または軽度の風邪に非常に似ています, 後に重度の呼吸不全に陥る症例に 1-2 咳と発熱の日, 筋肉痛から行く, 鼻の点滴, 下痢, 咳, 発熱, 疲労, #8217の欠如;臭い, 不安定 …
高齢者や虚弱な人々は、重度の形態を発症するリスクが高い, これは、90年に非常にわずかな形があるという事実を変えません, 20代で非常に醜い形をめったに見ないのと同じように.

 

全世界が機能しており、両方の特定の治療法を試みてテストしています, すなわちウイルスに対して向けられた, そのサポート, すなわち、彼の免疫系の応答を待っている間に患者の生存を改善することを目的とした.

 

現在知られている唯一の特異的治療法はモノクローナル抗体です, 組み合わせて投与する場合、より効果的 (カクテル). https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejme2034495
しかし、これらの薬は非常に高価です, 彼らは必ずしも病院で投与されなければならない (外来で) そして、彼らは症状の発症#8217直後にのみ非常にうまく動作します. それを広範囲に使用することができない要因.

 

支援療法について, 病院レベルで最大の進歩がなされた.
呼吸ケア技術が改善されました, コルチゾン#8217とヘパリンの#8217重要性が明らかにされた. https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2021436 HTTPS://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMe2111151

実験は続き、小さな一歩前進は毎日続く.

 

ホームセラピーに関する限り、残念ながら、ほとんど進歩していません.
吸入コルチゾンの一種に興味深い作品があります (錠剤ではない), ザ ブデソンド, そして、有望な研究 コルヒチン.

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01744-X/fulltext https://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(21)00160-0/fulltext HTTPS://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(21)00222-8/フルテキスト興味深いが、#8217感染の結果#8217を覆することができない決定的な作品.
これらの悪い結果は、病院の外で研究を設定することがより困難であるという事実と部分的に関連しており、一部は多くの研究が, 残念なことに, 家庭または疾患の初期段階での一部の薬物の非有効性を明らかにしている.

 

L’ヒドロキシクロロキン 予防と初期の両方で効果がないことが示されている
https://academic.oup.com/cid/article/72/11/e835/5929230
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejmoa2016638
https://www.acpjournals.org/doi/10.7326/m20-4207

 

ステロイド (コルチゾン) 不飽和のない形で摂取すれば病気を悪化させる可能性がある (患者のタイプ, 病院の混雑を除く, 入院に値するだろう).
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2021436
HTTPS://www.medrxiv.org/con…/10.1101/2021.07.06.21259982v1

 

L’の募集 抗炎症 入院前の非ステロイド性は、病気の経過を混乱させるようではない.
HTTPS://www.thelancet.com/…/PIIS2665-9913(21…/全文
https://www.nature.com/articles/s41598-021-84539-5
(最も重篤な患者のために診断が予約されたとき、第一波の患者と強制的な比較をしない限り https://www.thelancet.com/journals/lanrhe/article/PIIS2665-9913(21)00104-1/fulltext )

 

抗生物質 彼らはほとんど使いなさ. 細菌の過剰感染は、以下の 10% 入院時の患者の (最も深刻で、最も危険にさらされている) https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8101968 重度の患者は、についてです 7% 感染者の. だから、細菌感染が中にある場合、すべての人に抗生物質を与することはあまり役に立ちません。 0,7% そして最も妥協された患者の中でだけ.

特に、’アジスロマイシン (抗炎症効果も有する) 役に立たないことが証明された. https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2782166
https://www.thelancet.com/article/S0140-6736(21)00461-X/fulltext

まだ多くのオープンな質問があり、他の答えを与えようとする多くの研究が進行中です.

 

結果を保留すると、 最善の態度は患者のリスクを階層化することです.
若くて健康なものについて, 低リスク, あなたは、症状のある薬に自分自身を制限することができます (パラセタモールまたは抗炎症薬) そして、監視を閉じる. このタイプの患者は、上で自発的に治癒する 98% 場合の, 彼らの免疫システムは独立して病気を打ち負かすために管理する.

しかし、我々は、その悪化の可能性に注意する必要があります 2% 年齢と健康にもかかわらず間違って行く可能性があります.
高齢の患者および/または併存疾患を有する場合は、注意のレベルを高く保つ必要があります, 彼らの基礎疾患が下がらないようにして、他の薬剤を注意深く評価する, 常にリスク・メリットを比較検討する.

奇跡の治療法を約束する人々を警戒する, 入院ゼロを説明する者の, 死者をゼロにし、Facebookグループの聴衆はイタリア市民の平均とは大きく異なっていることを覚えておいてください. ほとんどフェイスブックでは、健康上の問題を抱えた’80歳を見つけることはめったにありません. 平均的な若くて健康な患者のグループを持つことは、自動的により良い結果を持つことを意味します, 治療に関係なく.

予防接種を受けた人と予防接種を受けていない間のデルタ変異体によるイングランドでの死亡: データを正しく読み取る.

英国は、流行を#8217する#8217傾向に関するデータの#8217巨大さを提供しています, 多くの文書の中で、私たちは “イングランドで調査中のSARS-CoV-2変異体の懸念と変種 – テクニカルブリーフィング 16” https://www.gov.uk/government/publications/investigation-of-novel-sars-cov-2-variant-variant-of-concern-20201201 che riporta una interessante tabella sulla diffusione dei casi, デルタバリアントに起因する緊急治療室へのアクセスと死亡, 予防接種の状態に基づいてそれらを分割する (添付画像).
.
この表によって報告されたデータは完全に歪んでおり、多くの陰謀論者によって表面的に使用されています。 “支える” l’ワクチンの使用不能または非効率性.
.
彼らの彼らの本は:
-il numero di decessi tra i vaccinati (26 decessi) è molto simile a quello tra i non vaccinati (34 decessi), quindi i vaccini sono inutili
-il rapporto tra casi e decessi è maggiore tra i vaccinati (4087 場合, 26 decessi, decessi/casi = 0,63%), rispetto ai non vaccinati (35521 場合, 34 decessi, decessi/casi = 0,096%) quindi i vaccinati hanno un rischio di morire maggiore.
.
違います, caro complottista, le cose non stanno così, proprio per niente.
.
Ci sono 2 cose importanti da considerare:
-la COVID porta al decesso solo in rarissimi casi in giovane età
-per stimare un rischio bisogna tenere sempre in considerazione il denominatore, ossia il numero di persone vaccinate e non vaccinate che sono potenzialmente esposte.
.
Nell’ultimo report https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1001354/Variants_of_Concern_VOC_Technical_Briefing_17.pdf è stato definito il numero di decessi per variante delta sia sulla base dello stato vaccinale che sulla base dell’età (superiore o inferiore ai 50 年), dato che aiuta molto a chiarire la situazione. Vediamo che tra i non vaccinati sono stati registrati 38 decessi sopra i 50 anni e 6 decessi sotto i 50, mentre tra i vaccinati a 2 dosi abbiamo avuto zero decessi sotto i 50 anni e 50 decessi sopra i 50 年.
.
Adesso andiamo a vedere il numero di persone vaccinate.
Tra la mole di dati pubblicati ufficialmente dal Regno Unito troviamo la copertura vaccinale per fascia d’età dell’Inghilterra aggiornata al 23/5 https://www.ons.gov.uk/visualizations/dvc1434/ageovertimewrapper/datadownload.xlsx , che ho riportato negli istogrammi allegati, sia in percentuale che in numero complessivo.
.
Al 23 maggio in Inghilterra avevamo:
<50 aa: 18.687.910 non vaccinati; 6.320.104 vaccinati con 2 dosi
>50 aa: 4.883.757 non vaccinati; 14.502.087 vaccinati con 2 dosi
.
I primissimi decessi per variante delta sono stati registrati a fine maggio, quindi possiamo considerare la copertura del 23/5 come il minimo numero di soggetti vaccinati sulla base del quale calcolare il rischio.
Se i vaccini non servono come mai su oltre 14 milioni di vaccinati sopra i 50 anni sono stati registrati 50 decessi e su meno di 5 milioni di non vaccinati 38?
Tra i non vaccinati over50 si è verificato un decesso ogni 128.520 mentre tra i vaccinati uno ogni 290.042. Quindi il rischio di morte è almeno dimezzato.
In realtà il rischio è ancora più basso, i dati forniti dividono i decessi tra over e under 50 ma nella fascia 50-59 il rischio di morte è molto più basso che nella fascia 60-69 (について 1/4) e tra i 4.883.757 non vaccinati in Inghilterra sopra i 50 anni ben 3.257.092 erano nella fascia 50-59. Se avessimo i dati per singola fascia d’età dei decessi attribuiti a Delta, quasi sicuramente emergerebbe un’efficacia ancora maggiore dei vaccini. Inoltre nelle settimane successive al 23 maggio è ulteriormente aumentata la copertura vaccinale soprattutto sopra i 50 年, abbassando ulteriormente il rischio.
.
L’utilità dei vaccini è ancora più palese se guardiamo i dati degli accessi in pronto soccorso: tra i non vaccinati ci sono stati 2035 accessi sotto i 50 anni e 213 sopra i 50 年, mentre tra i vaccinati a 2 dosi 94 sotto i 50 anni e 254 sopra i 50 年.
.
Considerando il denominatore abbiamo:
-un accesso in PS ogni 9.183 non vaccinati sotto i 50 anni e un accesso ogni 22.928 non vaccinati sopra i 50 年.
-un accesso in PS ogni 67.235 vaccinati a 2 dosi sotto i 50 anni e un accesso ogni 57.095 vaccinati a 2 dosi sopra i 50 年. Quindi un rischio molto più basso per i vaccinati.
.
Se leggiamo correttamente i dati vediamo che anche con la variante delta i vaccinati si ammalano meno (meno casi), vanno meno in pronto soccorso e muoiono meno!
.
PS ad ulteriore chiarimento: quando guardate i casi/ricoveri/decessi tra vaccinati e non vaccinati ricordatevi che tra i non vaccinati ci sono pochissimi soggetti con più di 60 年, quindi state confrontando 2 due popolazioni assolutamente non omogenee per età.
Ho aggiunto un’immagine nella quale potete vedere la differente ripartizione per età dei vaccinati e non vaccinati sopra i 50 anni al 23/5. Nelle settimane successive la vaccinazione è continuata aumentando la discrepanza.
予防接種を受けていない人の中で、私たちはより多くを持つ被験者が非常に少ないです 65 ほとんどすべてが予防接種を受けた年.
もし私たちが持っているなら 1000 感染した50以上の予防接種, また、予防接種を受けても死亡のリスクが高い大きな高齢者も多くいます。. 予防接種を受けていない人の中で、私はほぼ独占的に被験者を持つことになります 50-59 年.

COVID集中治療の入院が増加しています, 6-8 最初の波より時間遅い.

、 29 7月はイタリアの集中治療COVIDの職業の数が最も少ない: 38 患者. それ以来、遅いが容赦ない増加があり、今日、私たちは 133 重要なCOVID患者.
患者の重症度は3月と4月の重症度に匹敵するようです, 麻酔科医協会の会長によるディチェアラトとしてリアニマトリ病院, ヴェルガロ博士 HTTPS://www.repubblica.it/cronaca/2020/09/06/news/l_associazione_anestesisti_i_casi_di_covid_gravi_come_a_marzo_il_virus_non_e_meno_aggressivo_-266395144/

COVID, 新しい: 感染者は入院している?

SARSCOV2感染は、完全に無症候性の被験者からARDSを有する被験者に至るまで、臨床症状の非常に広く、異なるスペクトルを有する (急性呼吸窮迫症候群) 集中的な治療を必要とし、予後が悪い.

臨床症状の重症度は主に対象の年齢に関連し、, 第 二, その招集を伴う.

ケースが増加しています. 入院が必要な症例の数?
簡単な質問が、その正確な答えは非常に困難です.

対応を試みるために、我々は新しいCOVID入院の毎日の数を宣言するヨーロッパ諸国の状況を見てみることができます.
イタリアは残念ながら入院患者の総数のみを宣言します.
新しい毎日の入場料の数は、:

診断された新しい症例はすべて無症候性である? 実数は何ですか?

封じ込め対策が徐々に緩むにつれて, 最後の期間, ケースが増加し、, より少ない程度に, 入院の.
多く, 残念ながらまた、記載された医師, 新しい症例がすべてまたはほとんど無症候性であると主張し、主張する, 問題の非関連性をほのめかす. 自分自身を起動し、全国紙とのインタビューで、人は、次の 90% 新しい症例の無症候性である.
問題は、医師や政治家によって行われたこれらの声明を聞いて激怒している非常に多くの市民が、彼らが真実であると確信していることです.
実数が何であるかを見てみましょう, イティトゥト・スペリフェレ・ディ・サニタによって宣言されたもの, それらが一貫していて、どのような結論を下すことができるか.

続きを読む

COVIDだけでなく、距離と衛生基準の仕事!

3月から 2020 世界の多くはSARSCOV2と戦っている.
経済的に強く、より多くの技術国は、人口の大規模なテストを実施することによって、分野に彼らの可能性を最大限に入れています, 組織的な接触追跡とケースの分離.
これらの措置に加えて、特にSARSCOV2を阻止することを目的とした, 非特定のメジャーが適用されました, 呼吸器感染症の蔓延を妨げる目的で: 社会的な離散, 衛生基準の強化, マスクの使用によって横たわる.
彼らは明らかに単純であるため、これらの措置は、多くの場合、過小評価されています. 多くは、他の多かれ少なかれ科学的正当性に疑問を投げかけることを好んで、その有効性を否定している.
何ヶ月ものパンデミックの後、他の感染症に何が起こったのか疑問に思うかもしれません.
残念ながら、感染症の監視に関するデータを公開する州はあまりありません。, 特に, 多くの呼吸器疾患は寒い時期に多く見られる.
ありがたいことに、オーストラリアは両方の問題の解決策を提供しています: 感染症の健康監視に関する多くのデータを公表する (http://www9.health.gov.au/cda/source/cda-index.cfm) そして今、それは完全な冬です.

続きを読む

ISTAT血清調査: SARS-COV2の致死性に関するいくつかの考慮事項

感染の重症度を理解するためのパラメータの1つは、その男らしさ、すなわち感染者に対する死亡者の比率である, 別の方法で読むマンシップは、人が感染している死ぬ確率です.
それはかなり簡単な計算のように思えますが、それは非常に複雑になります, 流行の間に, 正確な死亡数を持ち、, 特に, 感染した人の正確な数.
、 3 8月ISTAT [1] イタリアでSARSCOV2血清推定調査の最初の結果を発表. テストされている 64660 人々, イタリアの人口の代表的なサンプルを選ぶ.
最初の目標は、はるかに大きな人口をテストすることでしたが、多くの市民がイニシアチブに参加しませんでした. 小さなサンプルはデータの品質に影響を与える可能性があります, ただし、ISTAT は信頼区間をかなり狭く宣言します。, その結果の信頼性の良さの指標.
ISTATによって報告された感染者の推定はまた、一部の感染が感染しているという事実によって影響を受ける可能性がある, 特に無症候性および白血症, 数ヶ月後に抗体を開発したり、それらを失ったりしない可能性があります.
この検討によれば、血清によって推定される症例は実際の症例より低いかもしれない, また、このような調査は、実際のケースを過大評価することにつながる検査の誤検出の影響を受けるのも事実です.
これらすべての限界を認識し、私たちは男らしさの計算に使用する分母を持っています (死亡者= 死亡 / 感染). 分子として、確認された死亡の数または過剰な死亡率のいずれかを使用することができます [2].

続きを読む

COVID19: あなたが伝染する時?

これは、その答えは、軽度の症状を有する無症候性症例および被験者の効率的な隔離と症候性の被験者への容易なアプローチを可能にする非常に重要な質問である.
残念ながら、私たちは特定の答えを持っていません, 私たちの考えを少し明確にしようと、流行の始まりから得た知識をたどってみましょう.
陽性の綿棒は伝染性を示す?
流行の初めに、私たちは確信を持っていました: 陽性綿棒はウイルスの存在に対応するため、患者は伝染性の可能性と考えるべきである.
それは合理的で部分的に正しい仮定ですが、医学の確実性でしばしば起こるように、症状がない場合でも数週間陽性の綿棒を持つ人々を見たときに最初の疑問が来ました.
多くの患者が粘膜にウイルスを持ち続けたので、我々は非常に長い伝染期に恐れていた, 症状が解決した後も.

続きを読む

第二の波は秋に到着します? 私たちはそれを避けることができます?

私たちは、この感染症とそれが広がる方法について学んでいます, 今、私たちは世界の他の国々から考える多くの経験を持っています.
いくつかの州では、ウイルスが国境に入っているにもかかわらず、何ヶ月もかなり静かです (韓国, 台湾, ギリシャ, ニュージーランド).
他の人は、最初の波を封じ込めることができないようです (例えばメキシコ).
他の国々は第二の波に直面している (イラン, セルビア, イスラエル).
一部の州では、米国ではそれがすべて支配下にある, 他の人が困っている.
スウェーデンは早い段階でソフト対策を適用しました, ロックダウンを回避する, はるかに多くの死者を出した “隣人” しかし、他のヨーロッパ諸国よりも少ない.

世界には非常に異なるシナリオがあります.

これらの状況から学ぶこと:
-ケースの増加を過小評価すべきではない. 症例数の増加に続いて, 後半, 必ずしも入学者と死亡者#8217増加. 曲線の比率は、テスト機能によって異なります, 感染者の平均年齢#8217と保健システムの能力 (米国を参照してください。).
-テスト, 「それは#8217だけではなく、同じ方法です」と、彼が言いました。 (韓国).
-ロックダウンは最も極端な対策です, 伝染性>e-コンタミーナをダウンさせるのに非常に効果的ですが、#8217に有害;経済 (イタリア).
-生活習慣は感染症に多くの影響を与える. 流行前のイタリアのライフスタイルはR0につながった 3-3,5. ロックダウンで 0,3-0,5.
この2つの極端な間には非常に多くのニュアンスがあり、現在のライフスタイルは’1に近いR0を可能にします。.
-スペイン, 気候的、文化的に私たちの近く, 最近、新たな症例の増加に直面しており、一部の地域はロックダウンされています.

第二の波は必ずしも寒さを待つとは限らない.
9月は非常に重要な瞬間になるだろう, 私の意見では: 我々は同時に都市の再人口を見るだろう, 多くの事業・活動の再開と学校の再開.
活動と生活が徐々に減少し、’.

私たちは何ができるか?

私たちは、すべての注意を維持し続けることが不可欠であることを人々に理解させるために、今日働かなければなりません, 社会的距離, 屋内や距離を保てない時のマスク, 衛生基準.
トラッキングを容易にするために、免疫の#8217使用をインストールし、インセンティブを与える必要があります.
私たちは常に病院やRSAに細心の注意を払わなければなりません (ほとんど 40-50% 感染症の、ここから来る).
私たちは、何が起こっているのかを理解し、最初の症状で自己興奮するように市民を訓練する必要があります.
インフルエンザの死亡率を減らし、COVIDと混同する可能性のある症例を減らすために、インフルエンザワクチン接種を奨励する必要がある.
スマートな作業が継続することを主張する.
公衆衛生は、テストを確実にするために懸命に働く必要があります, 連絡先の追跡と分離、’外部からのケースのフィルタリング.

イタリア人はロックダウンと後の段階の両方で他の多くの人よりも優れています, 我々はこの道を歩み続け、新しい波を避けなければならない.

SARSCoV2およびウイルス負荷, はっきりさせよう.

今1ヶ月間、それはSARSCoV2のウイルス負荷について話すことは非常にファッショナブルでした, 多くの場合、完全に正しくない概念と関連付ける.
科学文献が出版した様々な作品を分析して、一緒に見やすくしよう.
最初です, ウイルスアップロードとは何ですか? 測定方法?
ウイルス負荷は、血液中または血液中に存在するウイルスの濃度を意味し、, SARSCoV2の場合のように, 粘膜上.
臨床現場で, 今有名なタンポンを通して, 私たちは、ウイルスの遺伝物質のいくつかの断片の存在を探しに行くと、検査は私たちに与えることができます 3 結果: 負, 弱くポジティブ, 正.
ウイルス負荷を計算するには、より複雑な方法を使用する必要があります。, 今のところ, 研究専用に予約されている.
遺伝物質は、機械がいくつかのウイルス遺伝子を検出できるようになるまで増幅される, それらを検出するためにより多くの増幅サイクルが必要であり、開始時に存在するウイルスが少なかった.
科学的な観点から、粘膜に存在するウイルス負荷を研究することは非常に重要です, また、被験者の伝染性のアイデアを得るために: 粘膜にウイルスが多ければ多いほど、伝染性が容易になる

続きを読む